ミニマリストの持ち物を紹介

家電と家具

私たちが生活する上で重要な物たちではないでしょうか。
しかしミニマリストはそんな便利な物を持ちません。つまりテレビや洗濯機などを持たないということは、家の中に家電製品がほとんどない状態です。さらに冷蔵庫や炊飯器がないと、自炊ができない訳ですから、食費の節約をあまり考えないといえましょう。節約というより、いかに無駄を省き、快適に過ごせるかを重点に置いているように感じます。

次は家具について。
こちらも持っているミニマリストはいません。
例えば部屋のスペースを取るベッドのかわりに、寝袋で代用したり、外から部屋が見えることを気にしないミニマリストはカーテンをつけないこともあります。たしかに邪魔する家具がないと、常に空間は快適でしょう。

部屋のスペースをあまり取らないもの

カバンなどの小物は部屋のスペースを気にすることなく置けますし、衣服もクローゼットと収納タンスさえあれば十分と言えます。ファッションについては、男女ともに変わっているようです。

そして、買い物をする際に使うおなじみの財布にもこだわりがあるようです。ミニマリストの財布はお札と免許証、クレジットカードやキャッシュカードが入るぐらいの薄いサイズであることが多いようです。
また、首都圏内に住んでいるミニマリストは支払いをカードのみで済ますことも。たしかに銀行やカード利用店舗が多くあることから、現金を持ち歩くこともないと言えましょう。

ちなみに、これは1人暮らしだからこそ行えるライフスタイル。
主婦(主夫)の場合だと家族全体で生活を送るわけですから、必要なものが増えてきます。特に家事で使う洗濯機や冷蔵庫などは必須でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る